大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相続でお困りの方へ

相続に関する相談事例

①先日父親が亡くなり、自分だけが相続人となった。父親は預貯金などの財産をほとんど持っていなかったが、多額の借金を抱えていた。父親の借金は自分が返済していかなければならないのか(豊中市在住の方)?

 

②先日夫が亡くなった。現在夫の子どもを妊娠しているが、出産予定日はまだ先である。出産予定の夫の子は夫の財産を相続できるか(大阪市在住の方)?

 

③子どもどもを産んだが、子どもの父親と結婚する前に別れてしまった。父親が亡くなった場合、子どもは父親の遺産を相続できるか(箕面市在住の方)?

 

④父は生前複数の株式を保有していた。相続人が複数いる場合、この株式についても遺産分割協議が必要となるか(豊中市在住の方)?

 

生命保険金は相続財産になるか(吹田市在住の方)?

 

⑥亡くなった父の1億円の生命保険金の受取人が特定の相続人になっている場合、当該保険金は特別受益財産になるか(吹田市在住の方)?

 

⑦遺産である賃貸不動産を遺産分割により取得した相続人は、相続開始後遺産分割までに生じた家賃収入についても取得するか(箕面市在住の方)?

 

⑧父の死亡後、当該土地の価格が5000万円から4000万円に下落した。これから遺産分割するにあたり、土地の評価額は、父の死亡時の価格である5000万円を前提にしなければならないか(吹田市在住の方)?

 

⑨①不動産、②株式、③現金、④預貯金が遺産にあるが、これらの遺産の評価はどのようになされるか(高槻市在住の方)?

 

⑩預託会員制のゴルフ会員権は相続の対象となるか(豊中市在住の方)?

 

⑪預託会員制のゴルフ会員権が相続の対象となる場合、どのような手続が必要となるか(豊中市在住の方)?

 

⑫死亡退職金や遺族年金は相続財産となるか(箕面市在住の方)?

 

 

⑬投資信託の解約金支払請求権は遺産分割の対象となるか(吹田市在住の方)?

 

⑭①社債や②国債は遺産分割の対象となるか(箕面市在住の方)?

 

⑮過去に遺言書を作成したが、その内容を変更したい。どうすればよいか(豊中市在住の方)? 

    

⑯遺産を管理している共同相続人の1人が遺産である預金口座の通帳を開示しないため、預金の取引経過や残高が分からない。どうすればよいか(箕面市在住の方)?

      

⑳遺産の土地の上に相続人の1人が建物を所有している場合、遺産分割の方法としてどのようなものがあるか(吹田市在住の方)?

     

㉑遺産分割の協議が相続税の申告期限までにまとまりそうにないので、相続人全員の合意により、預貯金だけを先に遺産分割して相続税の支払いに充てようということになった。預貯金だけを先に遺産分割することはできるか(吹田市在住の方)?

     

㉒遺産の評価方法について共同相続人の間で合意が得られない。この場合、どのように遺産を評価することになるか(箕面市在住の方)?

     

㉓父が亡くなったが、父は生前知人に貸付を行っており、遺産の中に知人への貸金債権があった。この貸金債権を共同相続人の1人に相続させて、借主に返済するよう請求できるか(豊中市在住の方)?

     

㉕父は長男である兄にすべての財産を相続させる旨の遺言書を残して死亡したが、父の死亡前に兄はすでに死亡していた。兄には1人子どもがいるが、遺言により父の遺産は兄の子がすべて相続することになるか(吹田市在住の方)?

     

㉖母が亡くなり、私と妹が相続人となった。私には母から生前贈与された不動産があり、母は当該不動産の贈与について、特別受益としての持戻しを免除する旨の遺言を残していた。この場合でも生前贈与された不動産を特別受益として遺産に加え相続分を計算しなければならないか(池田市在住の方)?

     

㉗共同相続人がそれぞれ遠方に居住しているため、電話で遺産の分け方を話し合い、口頭で合意した。遺産分割協議が成立するためには、共同相続人全員が集まって遺産分割協議書を作成する必要はあるか(豊中市在住の方)?

      

㉘父親が亡くなり、子である兄弟3人が相続人となった。長男と次男は最終学歴が公立の高等学校だが、三男だけは私立大学の医学部まで進学しており、その学費はすべて父親が出していた。三男への父親からの学費の援助は特別受益に該当するか(豊中市在住の方)?

    

㉙母が亡くなり、長女である姉と次女である自分が相続人になった。母の遺産はほとんどなかったが、母は亡くなる20年以上前に所有不動産を姉に生前贈与していた。この場合、姉に対し、当該不動産の贈与が特別受益に該当するとして、遺留分減殺請求をすることができるか(豊中市在住の方)?

     

㉚父が亡くなり、長男である自分と次男である弟の2人が相続人となった。父は、亡くなる1年前に自宅不動産を弟に贈与しており、当該贈与について特別受益としての持戻しを免除する旨記載された遺言書も残していた。この場合、弟に対して遺留分減殺請求をすることができるか(吹田市在住の方)?

     

㉛遺産分割協議はいつまでに行わなければならないか(吹田市在住の方)?

     
㉞墓石や仏壇も遺産として遺産分割の対象となるか(豊中市在住の方)?
     

㉟妹(後妻の子)が亡くなった。妹には子がなく、両親もすでに亡くなっているため、後妻の子である私(弟)と前妻の子である兄(後妻と養子縁組はしていない)が相続人となった。妹には3000万円の預貯金があるが、これを法定相続分どおりに分けるとすると、いくら取得できるか(箕面市在住の方)?

     

㊱亡くなった父が協同組合に加入していた。当該協同組合の出資金の払戻請求権を相続することはできるか(大阪市在住の方)?

     

㊲遺骨は誰が相続するか(寝屋川市在住の方)?

     

㊳被相続人が生前に行った生命保険の受取人を相続人の1人に指定・変更する行為は遺留分減殺請求の対象となるか(豊中市在住の方)?

 

㊴死亡退職金の受取人を指定する行為は遺留分減殺請求の対象となるか(豊中市在住の方)?


㊵遺留分減殺請求はどのような方法により行うべきか(高槻市在住の方)?


㊶父が亡くなり、私(妹)と兄が相続人となった。父は、「唯一の遺産である不動産を兄に遺贈する」という内容の遺言を残していた。これにより私の遺留分が侵害されたため、兄に対して、内容証明郵便で遺留分減殺請求を行った。当該不動産は私と兄の共有となるか(豊中市在住の方)?


㊷父が亡くなり、母と娘である私が相続人となった。母は重度の認知症と診断されているが、母と私で遺産分割協議を行うことはできるか(箕面市在住の方)?


㊸母方の祖父が亡くなった。私(A)は母の一人息子だが、母方の祖父母の養子(普通養子)にもなっている。母は既に亡くなっているが、母方の祖母(B)は存命であり、母には弟(C)もいる。この場合、祖父の相続に関する私の相続分はどうなるか(池田市在住の方)?


㊹母が亡くなり、私(妹)と兄が相続人となった。遺産として母の預貯金があったが、母の預貯金口座を管理していた兄が母の生前にそこから多額の預貯金を引き出していたことが判明した。兄が母の預貯金口座から母の生前に引き出した預貯金の扱いはどうなるか(吹田市在住の方)?


㊺遺産である不動産の賃借人が賃料を滞納している場合、遺産分割前でも各相続人は賃料請求や契約解除をすることができるか(茨木市在住の方)??


㊻母が亡くなり、私(妹)と兄が相続人となった。遺産として母の預貯金があったが、母の預貯金口座を管理していた兄が母の生前にそこから多額の預貯金を引き出していたことが判明した。兄が母の預貯金口座から母の生前に引き出した預貯金の扱いはどうなるか(吹田市在住の方)?


(51)父が亡くなり、母と私(妹)と兄が相続人となったが、兄が遺産分割協議に協力しない。そのため、裁判所に遺産分割審判を申し立てようと考えているが、遺産分割調停を申し立てずに、直接遺産分割の審判を申し立てることはできるか(池田市在住の方)

 

(52)父が亡くなり、兄と私(弟)が相続人となった。父は生前、個人で事業を経営しており、兄もその事業を手伝っていた。遺産分割協議を行ったところ、兄は「長い間父の事業を手伝い、父の財産を増やしてきたので、自分には寄与分が認められる。」と主張している。兄は父から毎月給料をもらっていたが、兄に寄与分は認められるか(箕面市在住の方)

 

(53)父が亡くなり、兄と私(妹)が相続人となった。父の遺産は不動産だけであるが、同不動産には現在私が居住しており、今後も住み続けたいと考えている。どのような遺産分割方法が考えられるか(豊中市在住の方)


 

(54)夫が亡くなり、私(妻)と長女が相続人となった。夫と私(妻)は離婚していなかったものの長年別居しており、夫は別の女性と同居して一緒に生活していた。それでも私(妻)は相続人となるか(豊中市在住の方)?


 

(55)祖父が亡くなり、父と叔母(父の姉)が相続人となった。しかし、祖父の死亡後すぐに父が亡くなったため、祖父の遺産分割協議は行われていない。母は存命で父の子は私1人である。この場合、祖父の相続に関して、私(孫)は相続人となるか(吹田市在住の方)?


 

(56)父が「長男に全ての遺産を相続させる」旨の遺言を残して亡くなった。法定相続人は兄(長男)と私(弟)の2人であるので、兄に対して、遺留分相当額を請求しようと考えている。父は生前、友人の債務の保証人となっていたが、この保証債務は遺留分算定に際し考慮されるか(箕面市在住の方)?




 
 





 

相続でお困りの方へ

相続は突然に起こります。親や親しい人が亡くなるだけでも痛ましいことですが、それに伴って、相続争いが発生すると、精神的負担は計り知れないものがあります。
 

・兄から、理不尽な遺産分割協議書に判を押すように求められた

・母と姉が結託して、自分に不利な遺産分割を進めている

・遺言書が見つかったが、自分の取り分が少なく、本人が作成したのか、疑わしい

・腹違いの兄弟と遺産分割をすることになったが、揉めそうである

 
遺産分割で相続人同士が揉めるのは、当事者のうち、誰かが自分の都合の良いように、理不尽な要求を通そうとしているためです。従って、相続人が当事者同士で話し合っても埒が明かず、争いは長期化し、精神的に消耗戦になってしまうこともしばしばです。
このような場合、 弁護士は最終的に訴訟になった場合の司法の判断を念頭において、あなたがどのように交渉すべきかをアドバイスすることができます。また、場合によっては、あなたの代理人として、あなたに代わって、相手方と交渉することもできます。
このような場合は、できるだけ早いタイミングで、弁護士にご相談ください。一旦、当事者同士で感情的に揉めてしまうと、解決までに膨大な時間がかかることが多いのです。揉める前にご相談いただければ、迅速な解決の可能性が高まります。
また、ご相談の際は、今抱えている疑問、浮上している問題、親類縁者の状況、故人のこと、等々、より多くの情報があればあるほど、アドバイスがしやすくなります。
 

相続が発生している方

 

これから相続を迎える方

 

無料相談実施中!06-6873-8111 法律相談場所は千里中央駅徒歩約1分の好立地です。 夜間相談・土日相談も受け付けています!お気軽にご相談ください!

24時間対応ご予約フォーム

ご相談の流れはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

ご相談の流れ

アクセス