大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 相談事例4 父は生前複数の株式を保有していた。相続人が複数いる場合、この株式についても遺産分割協議が必要となるか?

父は生前複数の株式を保有していた。相続人が複数いる場合、この株式についても遺産分割協議が必要となるか?(豊中市在住の方)

株式は相続の対象となります。
会社の定款において、株式の譲渡についての制限を加えている場合がありますが、その株式譲渡制限は相続には適用されませんので、その場合でも株式が相続の対象となることに変わりはありません。

 

 

ただし、株式に譲渡制限がついている場合、会社から株式の売渡請求をされる可能性はあります(会社法174条)。なお、持分会社(合名会社、合資会社及び合同会社)の場合は、死亡が社員の退社事由となりますので(会社法607条1項)、社員の地位は相続の対象になりません。

 

 

株式数が複数である場合でも、各相続人が法定相続分に応じて株式を当然に取得するわけではありません。株式は、遺産分割が終了するまでは、各相続人の法定相続分に応じた準共有となります。したがって、被相続人が死亡した場合、各株式を最終的にどの相続人が取得するかを決めるためには、遺産分割協議が必要になります。

 

 

なお、株式について遺産分割協議がなされるまでに相続人が株主としての権利を行使する場合は、株式共有の場合の手続に従い、株主としての権利を行使すべきもの1人を定めて、会社に通知しなければなりません(会社法106条)。

 

遺産分割協議が調い、ある相続人が株式を取得することになった場合は、名義変更の手続をとれば、その相続人が株主としての権利を行使することができるようになります。
 

無料相談実施中!06-6873-8111 法律相談場所は千里中央駅徒歩約1分の好立地です。 夜間相談・土日相談も受け付けています!お気軽にご相談ください!

24時間対応ご予約フォーム

ご相談の流れはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

ご相談の流れ

アクセス


無料相談実施中 06-6873-8111 受付時間 9:30〜18:00

夜間・土日相談受付中!

24時間対応ご予約フォーム

解決事例

弁護士費用

相談票ダウンロード

相談者の声

Contents menu

大阪千里法律事務所 千里中央駅 徒歩1分

対応エリア

大阪千里法律事務所

豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

aside_bnr_rikon.png