大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 母が亡くなり、私(姉)と弟が相続人となった。母は全ての遺産を私(姉)に相続させる内容の遺言を残していたため、先日、弟から遺留分減殺請求された。弟は母の生前に不動産の贈与を受けているが、弟の

相談事例50 母が亡くなり、私(姉)と弟が相続人となった。母は全ての遺産を私(姉)に相続させる内容の遺言を残していたため、先日、弟から遺留分減殺請求された。弟は母の生前に不動産の贈与を受けているが、弟の遺留分減殺請求は認められるか?(吹田市在住の方)

遺留分は、被相続人が相続開始時に有していた財産の価額に特別受益の額を加えたもの(みなし相続財産)を基準として計算されます。
特別受益を受けた相続人の受け取るべき具体的遺留分は、みなし相続財産を基準に算定した遺留分(一応の遺留分)の額から当該特別受益の価額を控除した残額になります(民法1044条、903条1項)。

 

そのため、特別受益の価額が、みなし相続財産を基準に算定された一応の遺留分の価額と等しいか、又はこれを超えるときは、特別受益を受けた相続人は遺留分を受け取ることができません(民法1044条、903条2項)。

 

本件の場合、相続人は亡くなった母親の子であるあなた(姉)と弟の2名ですので、弟の一応の遺留分の額は、みなし相続財産の4分の1(弟の法定相続分1/2×1/2)になります。
また、不動産の生前贈与は通常特別受益に当たります。

 

そのため、弟が母親から生前贈与を受けた不動産の価額が、みなし相続財産の4分の1未満であれば弟の遺留分減殺請求は認められますが、みなし相続財産の4分の1以上であれば弟の遺留分減殺請求は認められません
 

無料相談実施中!06-6873-8111 法律相談場所は千里中央駅徒歩約1分の好立地です。 夜間相談・土日相談も受け付けています!お気軽にご相談ください!

24時間対応ご予約フォーム

ご相談の流れはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

ご相談の流れ

アクセス


無料相談実施中 06-6873-8111 受付時間 9:30〜18:00

夜間・土日相談受付中!

24時間対応ご予約フォーム

解決事例

弁護士費用

相談票ダウンロード

相談者の声

Contents menu

大阪千里法律事務所 千里中央駅 徒歩1分

対応エリア

大阪千里法律事務所

豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

aside_bnr_rikon.png