大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 父が亡くなり、母と私(妹)と兄が相続人となったが、兄が遺産分割協議に協力しない。そのため、裁判所に遺産分割審判を申し立てようと考えているが、遺産分割調停を申し立てずに、直接遺産分割の審判を

相談事例51 父が亡くなり、母と私(妹)と兄が相続人となったが、兄が遺産分割協議に協力しない。そのため、裁判所に遺産分割審判を申し立てようと考えているが、遺産分割調停を申し立てずに、直接遺産分割の審判を申し立てることはできるか?(池田市在住の方)

家事事件手続法257条が定める調停前置主義は、訴えの提起(審判の申立ては含みません。)
をする場合を規定するものですから、遺産分割調停には調停前置主義の適用はありません。

 

 そのため、遺産分割について共同相続人間で協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、遺産分割調停を経ずに遺産分割の審判を申し立てることは可能です。
 ただし、遺産分割審判の申立てがされたときでも、家庭裁判所は、いつでも職権で事件を調停に付することができるとされています(家事事件手続法274条)。

 

 また、遺産分割事件は、その性質上、当事者間の合意により解決されることが望ましいと考えられています。

 

 そのため、実際には、家庭裁判所は、ほとんどの場合、審判を開始する前に調停に付しています。
 本件の場合も、遺産分割調停を申し立てずに、直接遺産分割の審判を申し立てることは可能ですが、その場合、家庭裁判所の職権により、遺産分割調停に付される可能性が高いでしょう。
 

無料相談実施中!06-6873-8111 法律相談場所は千里中央駅徒歩約1分の好立地です。 夜間相談・土日相談も受け付けています!お気軽にご相談ください!

24時間対応ご予約フォーム

ご相談の流れはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

ご相談の流れ

アクセス


無料相談実施中 06-6873-8111 受付時間 9:30〜18:00

夜間・土日相談受付中!

24時間対応ご予約フォーム

解決事例

弁護士費用

相談票ダウンロード

相談者の声

Contents menu

大阪千里法律事務所 千里中央駅 徒歩1分

対応エリア

大阪千里法律事務所

豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

aside_bnr_rikon.png