大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 73554)談事例54:夫が亡くなり、私(妻)と長女が相続人となった。夫と私は離婚していなかったものの長年別居しており、夫は別の女性と同居して一緒に生活していた。それでも私は相続人となるか?

相談事例54 夫が亡くなり、私(妻)と長女が相続人となった。夫と私(妻)は離婚していなかったものの長年別居しており、夫は別の女性と同居して一緒に生活していた。それでも私(妻)は相続人となるか?

民法890条は、被相続人の配偶者が常に相続人となることを定めています

 

ここでいう「配偶者」とは、有効に被相続人との婚姻届出(民法739条)を済ませている者を指します。
有効な婚姻届出をしていれば、たとえ婚姻期間が短期間であっても、被相続人と別居中であっても、相続権に影響を与えません。

 

そのため、別居中の妻も当然に相続人となります

 

本件の場合、あなた(妻)と被相続人(夫)は別居していたということですが、離婚はしていませんので、あなた(妻)も相続人となり、共同相続人はあなた(妻)と長女ということになります。

 

なお、内縁関係にあったというだけでは相続権は認められませんので、仮にあなた(妻)が離婚していたとしても、夫と同居していた女性がその後婚姻届出をしない限り、当該女性に相続権は認められません。

 

あなた(妻)は離婚していたが、夫と同居していた女性がその後婚姻届出をしていなかった場合、あなた(妻)や夫と同居していた女性は相続人とならず、長女だけが相続人となります。