大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 相談事例71(吹田市在住の方からのご相談)遺産の中に賃貸不動産がある。当該不動産の賃借人は賃貸借契約締結時に被相続人に対して50万円の敷金を差し入れており、賃貸借契約で「賃貸借契約終

相談事例71(吹田市在住の方からのご相談)遺産の中に賃貸不動産がある。当該不動産の賃借人は賃貸借契約締結時に被相続人に対して50万円の敷金を差し入れており、賃貸借契約で「賃貸借契約終了時(賃貸不動産明渡時)に敷金50万円を賃借人に返還する」という内容が合意されていた。この不動産を遺産分割により取得する相続人は、賃借人に対して敷金50万円を返還する義務を負うか?

賃貸不動産の所有権が移転した場合、原則として、当該不動産の従前の所有者と賃借人との間の賃貸借関係における賃貸人たる地位も新所有者に移転します
これは、相続によって賃貸不動産の所有権が移転する場合も同様です。
そのため、遺産の中に第三者に賃貸している不動産がある場合、当該不動産を取得する相続人は、亡くなった被相続人が有していた賃貸人たる地位も承継することになります。
 また、賃貸不動産を取得する相続人が承継する賃貸人たる地位の中には、賃借人に対する敷金返還債務も含まれます
 本件の場合、賃貸借契約において被相続人(賃貸人)が賃借人に対する敷金返還債務を負うことが合意されていますので、賃貸不動産を遺産分割により取得する相続人は、賃借人に対する敷金50万円の返還債務も承継し、賃貸借契約終了時(賃貸不動産明渡時)に賃借人に対して敷金50万円を返還する義務を負うことになります。