大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 73557)(箕面市の方からのご相談)父の遺産の中に抵当権の設定された不動産がある。この抵当権は父名義の住宅ローンを担保するために設定されたものであるが、今後遺産分割調停や遺産分割審判になった場合、当

相談事例57 (箕面市の方からのご相談)父の遺産の中に抵当権の設定された不動産がある。この抵当権は父名義の住宅ローンを担保するために設定されたものであるが、今後遺産分割調停や遺産分割審判になった場合、当該不動産については、住宅ローンの残額相当額を減額して評価されるか?

抵当権の設定された不動産について、被担保債務を不動産の評価額から控除できるかどうかについて、確定的な見解はありません。
ただし、原則として債務は遺産分割の対象となりませんので、遺産分割審判においては、被担保債務の主債務者が被相続人であっても、共同相続人全員の合意その他特段の事情のない限り、抵当権の負担のある不動産の評価において被担保債務の額を控除することはしないと考えられます。

 遺産分割調停においては、対象不動産を取得する相続人が被担保債務を引き受ける約束をして、被担保債務相当額を対象不動産の評価額から控除する扱いがされることもあります。

 本件においても、遺産分割調停において、父親名義の不動産を取得する相続人が今後住宅ローンを支払っていくことを約束した上で、住宅ローンの残額相当額を控除して不動産の評価をすることは可能です。

 これに対し、遺産分割調停が成立せず、遺産分割審判に移行した場合は、共同相続人全員の合意等特段の事情がない限り、父親名義の不動産について、住宅ローンの残額相当額を減額して評価されることはないでしょう。
 

無料相談実施中!06-6873-8111 法律相談場所は千里中央駅徒歩約1分の好立地です。 夜間相談・土日相談も受け付けています!お気軽にご相談ください!

24時間対応ご予約フォーム

ご相談の流れはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

ご相談の流れ

アクセス


無料相談実施中 06-6873-8111 受付時間 9:30〜18:00

夜間・土日相談受付中!

24時間対応ご予約フォーム

解決事例

弁護士費用

相談票ダウンロード

相談者の声

Contents menu

大阪千里法律事務所 千里中央駅 徒歩1分

対応エリア

大阪千里法律事務所

豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

aside_bnr_rikon.png