大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 73567)相談事例67(豊中市在住の方からのご相談)母が亡くなった。母は不動産を兄(長男)に遺贈する遺言を残していたが、母が亡くなる前に兄(長男)は死亡していた。父も母が亡くなる前に死亡してお

相談事例67(豊中市在住の方からのご相談)母が亡くなった。母は不動産を兄(長男)に遺贈する遺言を残していたが、母が亡くなる前に兄(長男)は死亡していた。父も母が亡くなる前に死亡しており、母の子どもは兄(長男)と私(二男)だけであるが、兄(長男)には息子(孫)が1人いる。この場合、母が兄(長男)に遺贈するとしていた不動産は兄(長男)の息子(孫)が取得することになるか?

遺言者の死亡以前に受遺者(遺贈を受けた者)が死亡したときは、遺贈は効力を生じません(民法994条1項)。
 ただし、遺言者の死亡以前に受遺者が死亡した場合に、他の者に遺贈する内容が付記されていれば、そのような定めも有効です
 本件では、遺言者である母親の死亡前に長男が死亡しており、遺贈の効力が生じませんので長男の息子(孫)が不動産を当然に取得することにはなりません。
ただし、母親の遺言に「遺言者(母親)が死亡する前に受遺者(長男)が死亡した場合には、長男の息子(孫)が不動産を取得する」旨が付記されていれば、長男の息子(孫)が当該不動産を取得することになります。
なお、本件の場合、母親の死亡前に長男が死亡していますので、長男の息子(孫)は代襲相続人となります。
そのため、母親の遺言に「遺言者(母親)が死亡する前に受遺者(長男)が死亡した場合には、長男の息子(孫)が不動産を取得する」旨が付記されていない場合であっても、あなた(二男)と長男の息子(孫)で遺産分割協議を行い、不動産を長男の息子(孫)に取得させることも可能です。
 

無料相談実施中!06-6873-8111 法律相談場所は千里中央駅徒歩約1分の好立地です。 夜間相談・土日相談も受け付けています!お気軽にご相談ください!

24時間対応ご予約フォーム

ご相談の流れはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

ご相談の流れ

アクセス


無料相談実施中 06-6873-8111 受付時間 9:30〜18:00

夜間・土日相談受付中!

24時間対応ご予約フォーム

解決事例

弁護士費用

相談票ダウンロード

相談者の声

Contents menu

大阪千里法律事務所 千里中央駅 徒歩1分

対応エリア

大阪千里法律事務所

豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

aside_bnr_rikon.png