大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 相談事例77(豊中市在住の方からのご相談)夫が亡くなり、私(妻)と夫の兄弟姉妹が相続人となった。夫の兄弟姉妹の中には行方不明の者もいるが、どのように遺産分割協議を行えばいいか?

相談事例77(豊中市在住の方からのご相談)夫が亡くなり、私(妻)と夫の兄弟姉妹が相続人となった。夫の兄弟姉妹の中には行方不明の者もいるが、どのように遺産分割協議を行えばいいか?

従来の住所又は居所を去ったまま容易に帰来する見込みがない者を「不在者」といいます(民法25条)。
遺産分割協議を成立させるためには共同相続人全員で協議を行う必要がありますので、相続人の中に不在者がいる場合であっても、当該相続人を除外して遺産分割協議を成立させることはできません。

 そのため、相続人の中に不在者がいる場合、家庭裁判所に不在者財産管理人の選任の申立てをし、選任された不在者財産管理人との間で遺産分割協議を行う必要があります。

 また、不在者が生死不明な場合で、かつ一定の要件を備えていれば、失踪宣告の審判の申立て(当該不在者が死亡したものとみなす審判の申立て)ができますので、相続人の1人である不在者が生死不明の場合は、失踪宣告の審判の申立てが可能かどうかも検討する必要があります。
 
 本件の場合も、行方不明となっている相続人について、不在者財産管理人の選任(又は失踪宣告の審判)を申し立てた上で、遺産分割協議を行う必要があります。
 

無料相談実施中!06-6873-8111 法律相談場所は千里中央駅徒歩約1分の好立地です。 夜間相談・土日相談も受け付けています!お気軽にご相談ください!

24時間対応ご予約フォーム

ご相談の流れはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

ご相談の流れ

アクセス


無料相談実施中 06-6873-8111 受付時間 9:30〜18:00

夜間・土日相談受付中!

24時間対応ご予約フォーム

解決事例

弁護士費用

相談票ダウンロード

相談者の声

Contents menu

大阪千里法律事務所 千里中央駅 徒歩1分

対応エリア

大阪千里法律事務所

豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

aside_bnr_rikon.png