大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 相談事例78(吹田市在住の方からのご相談)母が亡くなり、子である私(妹)と姉が相続人となった。姉がずっと母の介護をしてきたので、私(妹)は近日中に相続放棄をして、姉に母の遺産を全て相続して

相談事例78(吹田市在住の方からのご相談)母が亡くなり、子である私(妹)と姉が相続人となった。姉がずっと母の介護をしてきたので、私(妹)は近日中に相続放棄をして、姉に母の遺産を全て相続してもらう予定である。母は多数の宝石類を所有していたが、形見分けとしてこれらの宝石類を私(妹)が取得した後でも相続放棄することは可能か?

相続財産を処分した後に相続放棄ができるとすると、相続人は優先的に積極財産のみを承継することが可能となってしまいます。
 そのため、法律上、相続財産を「処分」した相続人は、単純承認をしたものとみなされ(民法921条1号)、無限に被相続人の権利義務を承継しなければならなくなります(民法920条)。
 ここでいう「処分」には、遺産の売却のような法律的処分行為はもちろん、家屋や物品の毀損等の事実的処分行為も含まれます。
 形見分けは、親子や夫婦などの情愛に基づいた精神的価値に基づくものなので、当然には「処分」に該当しません。
 ただし、高価な衣類や宝石類等を分配した場合は、形見分けの範囲を超え、「処分」に該当する可能性があります。
 
 本件の場合も、形見分けの対象が母親の宝石類とのことですが、その数量や価額によっては「処分」に該当する可能性があります。
そのため、形見分けによって母親の宝石類を取得すると、母親の相続について単純承認をしたものとみなされ、相続放棄ができなくなるおそれがあります。
 なお、形見分けが「処分」に該当する可能性があるのであれば、あなた(妹)と姉で遺産分割協議を行い、「あなた(妹)が母親の宝石類のみ取得し、姉がその他の遺産を全て取得する」という内容の遺産分割協議を成立させるという方法も検討された方がいいでしょう。
 

無料相談実施中!06-6873-8111 法律相談場所は千里中央駅徒歩約1分の好立地です。 夜間相談・土日相談も受け付けています!お気軽にご相談ください!

24時間対応ご予約フォーム

ご相談の流れはこちら

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

ご相談の流れ

アクセス


無料相談実施中 06-6873-8111 受付時間 9:30〜18:00

夜間・土日相談受付中!

24時間対応ご予約フォーム

解決事例

弁護士費用

相談票ダウンロード

相談者の声

Contents menu

大阪千里法律事務所 千里中央駅 徒歩1分

対応エリア

大阪千里法律事務所

豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

aside_bnr_rikon.png