大阪(豊中市・箕面市・吹田市)の相続問題を弁護士が解決!

弁護士による相続相談 大阪千里法律事務所

相続相談受付中!  受付時間 9:30~18:00 06-6873-8111 24時間対応 ご予約フォーム

千里中央駅徒歩1分

  • 弁護士紹介
  • 事務所紹介
  • 費用
  • アクセス
  • HOME
  • 相談事例
  • 相談事例84(箕面市在住の方からのご相談)祖母が亡くなり、祖母の子である母(長女)と叔父(長男)が相続人になった。母(長女)が相続放棄した場合、祖母の孫である私は母の代わりに相続人になるか

相談事例84(箕面市在住の方からのご相談)祖母が亡くなり、祖母の子である母(長女)と叔父(長男)が相続人になった。母(長女)が相続放棄した場合、祖母の孫である私は母の代わりに相続人になるか?

被相続人の子が相続権を失った場合に、被相続人の子の子(被相続人の孫)が代わりに相続人となることを認める制度として代襲相続があります。

代襲相続は、被相続人の子が、
①相続の開始以前に死亡したとき、
②相続欠格事由に該当し相続権を失ったとき、又は
③廃除によって相続権を失ったとき
に、
当該相続人の子が代わりに相続人となることを認める制度です(民法887条2項)。

相続放棄を行った相続人は、その相続に関して初めから相続人とならなかったものとみなされますので(民法939条)、被相続人の遺産を相続できなくなるという点では相続放棄と上記①~③に違いはありません。

ただし、相続放棄は上記①~③のいずれにも該当しませんので、
相続人が相続放棄をした場合であっても、当該相続人の子が代襲相続人となることはありません。
本件の場合、祖母の相続について、母親(祖母の子)が相続放棄した場合であっても、あなた(母親の子)が母親の代わりに相続人となることはありません。

 

無料相談実施中 06-6873-8111 受付時間 9:30〜18:00

夜間・土日相談受付中!

24時間対応ご予約フォーム

解決事例

弁護士費用

相談票ダウンロード

相談者の声

Contents menu

大阪千里法律事務所 千里中央駅 徒歩1分

対応エリア

大阪千里法律事務所

豊中市・箕面市・吹田市の弁護士による交通事故相談

aside_bnr_rikon.png